現在、正式には、センチュリオンカードと呼ばれているようです。

プラチナカードを持っていないことには始まらないようですが、プラチナカードはそもそもつくることができないみたいですね。
グリーン ⇒ ゴールド⇒ プラチナ⇒ センチュリオン

 

プラチナカードは、ゴールドカードを持っている人にのみ招待状が届くということのようです。
当然、ブラックカードは、プラチナカードを持っていない人はしか招待されません。

 

そして、アメリカンエキスプレスは、このセンチュリオンカードの存在をあまり表沙汰にしたくないようですね。使用限度額が無制限であるということから考えてもCIAの工作員がもっていそうなイメージがあるのですが、一説には、会員が増え過ぎてインビテーションの条件の見直しがされたというようなことが巷で言われています。

 

一昔前は、年間3000万円以上プラチナカードで買い物をするとインビテーションが届くという噂がありましたが、そんなに買い物をしなくてもインビテーションが届いたという方もいらっしゃるようです。いずれにしても完全に謎なのですが、お金持ちであることを誇示したい場合には、このカードを持ってみたいという欲求は尽きないのでしょうね。

 

年会費が36万7500円という記載を多く見つけますが、消費税込なのか消費税抜なのかも不明です。どちらにしえも非常にハンパな年会費ですね。私のような貧乏人は、この年会費で食費を賄えてしまいそうです。いったいどれほどの特典があるのか調べてみたのですが、この年会費を払う価値がいったいどこにあるのか?わかりませんでした。

 

空港のラウンジの使用料金が無料ということですが、私の場合には、年会費無料のイオンカードゴールドカードで充分です。ちなみにイオンカードもゴールドカードはインビテーション制なので、まずは、普通のカードを作ってある一定の額を使用しなければいけません。たぶん年間30万円以上使っていて、支払いに滞りがなければ招待されると思います。近所にイオンの店舗がある人にとっては、イオンカードこそが最強のカードだと思います。